【法ポケ交流戦シングル使用構築】ラグカイロス偽装 ラグ改ロス

はじめまして。とんぽけ2年のさかしたです!
今回は10月31日の大学祭で行われた法政ポケモンだいすきクラブさんとの交流戦で使用したパーティーを紹介させていただきます。

i_kairosu.gifi_raguraaji.gifi_bangirasu.gifi_faiaroo.gifi_raikou.gifi_ninfia.gif
種族名技1技2技3技4持ち物特性
カイロス地震岩石封じギロチンステロ気合の襷型破り
ラグラージ地震滝登り冷凍P馬鹿力拘り鉢巻激流
バンギラス地震エッジ身代わり竜舞メガ石砂起こし
ファイアローブレバフレドラ羽休め剣舞鋭い嘴疾風の翼
ライコウ放電吠えるリフレク光の壁光の粘土プレッシャー
ニンフィアハイボ電光石火シャドボめざ地チョッキスキン



【概要】
交流戦ということで何かおもしろいパーティーを組みたいなぁという安易な考えから生まれた構築。また、以前からカイロスというポケモンに興味を持っており、技を調べていたところステロと岩石封じを覚える点に注目しました。しかし、ピンでカイロスを使用するとなるとステロまきとして優秀なランドやガブの劣化になってしまいます。そこでラグカイロスを偽装すれば単体としての能力の低いカイロスでも十分に仕事ができると考え、結果的にこのような構築になりました。カイロスでステロをまき、後続のバンギアローが積んでいくのが基本的な立ち回りになります。

【個別解説】

・カイロス@気合の襷 かたやぶり 陽気
141-177-120-*-90-150 ASぶっぱ
今回の構築の出発点。ステロや岩封で場を整えつつ後続につなげます。本番では育成のミスでH個体値が低いカイロスを使用しています(育成は前日までに終わらせておこう!)。メガカイロスの択があるのである程度の流し性能を兼ね備えており(初手メガサナ、ニンフィア対面など)無償でステロを撒ける場面も多いです。またギロチンを搭載することによって仕事が終わっても相手にプレッシャーをかけることも可能です。一応ステロまきとして優秀なガブや霊獣ランドに勝っている点は、

・水ロトムをはじめとする「ふゆう」もちのポケモンに対してデメリットなしの打点がある(ガブの場合逆鱗で技が縛られたり、流星によるCダウンがある)
・ラグカイロスの並びによる選出段階での圧力
・一撃技の有無
・何より意表がつける!! ←コレ

こうしてみると型破りドリュウズの運用に近い…というか完全劣化じゃないかと思えてきました。次からはドリュウズ使おうと思います(笑)(ちなみにカイロスは叩き落とすを覚えるのでドリュと差別化したい方はギロチンの枠を叩き落とすに変えるのがオススメです。)


・ラグラージ@鉢巻 激流 意地っ張り
197-178-118-*-110-83   AぶっぱHB調整
普通の起点づくりラグラージだと思って悠長に剣舞してくるラムガブに腹パンを食らわせる鉢巻ラグラージ。HBはA特化メガガルの捨て身を最高乱数引かない限り耐える(はず)調整になっています。耐久も火力もそれなりにあるので先発でも後出しからでも十分に活躍できると思います。


・バンギラス@メガ石 砂おこし 陽気
175-186-131-*-120-124
(175-216-171-*140-135) ASぶっぱ
今回のエース枠。バンギラスナイトを(しぶしぶ)貸してくれた妹に感謝!!選出段階で相手のメガカイロスを止める電気枠の選出を誘い、それをメガバンギで起点にして突破、そのまま全抜きをねらっていきます。メガバンギの苦手な格闘タイプに対してはカイロス、アロー、ニンフィアが選出段階で圧力をかけているので出てこないことをお祈りします。


・ファイアロー@鋭い嘴 疾風の翼 意地っ張り
183-146-91-*-89-149 ほぼHAぶっぱ
積みエースその2。同型意識でSに20振ったHA剣舞アロー。バンギやライコウに対して拘り地震を打ってきた相手を起点にして舞っていきます。今回の構築では技範囲が狭いポケモンが多い気がしたので挑発ではなくフレドラを採用していますが、どちらでもいいと思います。本来のラグカイロスではこの枠がメガカイロスになるのですが、この構築でのカイロスはただの飛べないクワガタなので代わりにこいつがバンギの苦手な格闘タイプを処理していきます。


・ライコウ@光の粘土 プレッシャー 臆病
167-*-94-166-120-183 CSぶっぱ
普通の壁ライコウ。以前レートで放電壁ライコウにわからされたので使ってみました。カイロスがメガガルに対して何もできないくらい弱いので相手にメガガルがいた場合はこちらを選出し、場を整えていきます。ガブに対して上から弱点つけるポケモンがこいつしかいないので吠えるよりめざ氷の方がよかったかなと思いました。


・ニンフィア@チョッキ フェアリースキン 控えめ
191-*-96-174-151-83 HBC調整
フェアリー枠兼ラグカイロスというキモイ並びは見せ合い段階で相手に不快感を与え兼ねないのでこいつで中和していくヴィジュアル枠。調整先は忘れましたが、苦手な物理に対しても多少は動けます。パーティー全体で水技が一貫していると感じたのでチョッキも持たせていますが、それよりもキノガッサが重すぎるのでラムか寝言を搭載した眼鏡型もよいと思いました。

【交流戦について】
法ポケのもうこさんと戦いました。
結果から申し上げますと…
カイロスが3タテしました!!!

初手でステロを撒き、カイリューのマルスケを潰しつつ岩封で突破!削れたメガサナを華麗に突破!!最後に虫タイプを捨てた準伝説ポケモンのゴキブリに対してクワガタとしての「格」の違いを見せつけ突破!!!
カイロス、とても強かったです…(笑)
ラグカイロスを偽装したことによって相手の選出や立ち回りをうまく誘導できたことが勝因ではないかと思います。カイロスがステロ撒いたら面白いんじゃないかという安易な考えで組んだ構築でしたが、結果的に実戦でも通用するレベルのものになったことに満足しています。

改めまして法ポケのもうこさん対戦ありがとうございました!

【最後に】
ラグ改ロスいかがでしたでしょうか?ラグカイロスをはじめとする有名な構築はすでに多くの人に知られており対策も進んでいますが、それを逆手にとった偽装パはまだまだ可能性があると思います!みなさんもオリジナリティあふれる構築に挑戦してみてはいかがでしょうか?

最後に法ポケのみなさん、対戦していただいたもうこさん、そして応援してくださったとんぽけのみなさんありがとうございました!

それでは(^^)
スポンサーサイト