スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルガルド1on1大会結果&各種KP

先日のギルガルド1on1大会の結果発表です。681.png
参加者27名の頂点に立ったのは一体どんなギルガルドなのか?!681-b.png 
 

1位:ユウスケ (陽気・気合いの襷・シャドークロー/シャドーボール/影討ち/剣の舞)
2位:ミチル (臆病・光の粉・シャドーボール/影討ち/身代り/守る)
3位:まき (臆病・命の珠・シャドーボール/影討ち/威張る/身代り)
4位:KO1 (臆病・光の粉・シャドーボール/身代り/影分身/キングシールド)
ベスト8:
プラズマ (穏やか・カムラの実・シャドーボール/影討ち/身代わり/キングシールド・色違い) 
のしん (控えめ・カシブの実・シャドーボール/影討ち/身代わり/キングシールド) 
ライコネン (冷静・カシブの実・シャドーボール/影討ち/威張る/身代わり)
おーたむ (生意気・弱点保険・シャドーボール/影討ち/身代わり/キングシールド・レベル49)


toname.jpg
kinnsi.jpgwaiga.jpg
syadobo.jpgrasuka.jpg

優勝したユウスケさん始め、上位に入賞された皆さんおめでとうございます!
上位3名「「「キングシールドは弱い」」」


~ギルガルド1on1対戦の様子~(載せたいBVあればコメントにて)
http://twitcasting.tv/tonpei_poke/movie/67862265(三位決定戦まき(うっちー)vsK01)
BV:2VJG-WWWW-WWW7-RUPK (のしんvsまき)
BV:BTCG-WWWW-WWW7-RUPH (のしんvsプラズマ)


以下が性格・技・アイテムのKPです。(26名分)

【性格KP】
臆病 7
冷静 6
陽気 3
穏やか 3
勇敢 2
生意気 2
せっかち 1
控えめ 1
慎重 1

【技KP】
身代わり 21
シャドーボール 19
キングシールド 19
影討ち 18
威張る 10
シャドークロー 6
守る 4
辻斬り 1
ラスターカノン 1
めざめるパワー悪 1
剣の舞 1
金属音 1
影分身 1
メロメロ 1


【アイテムKP】
カシブの実 5
食べ残し 4
弱点保険 3
気合の襷 2
達人の帯 2
ピントレンズ 2
光の粉 2
命の珠 1
ゴツゴツメット 1
オボンの実 1
ラムの実 1
キーの実 1
カムラの実 1


【おまけ】
レベル49 2人
レベル48 1人
色違い 2人



こんな感じになっていました! めざパ悪影討ちメロメロ守る@襷の君には個人的な拍手を贈りたい。

KPを見て思ったことと分析(※長いです)。
性格を見てみると、素早さ上昇系が11人/26人と最多であり、ベスト4が全員含まれていることからこのルールに置いて相手より早く行動することの重要さが見て取れます。ブレードフォルムで攻撃を受けてしまうと多くの場合一撃で処理されてしまうものの、技KP最多でもある身代わりを初手に出すことで自身より素早さの低い相手への2ターン目以降の展開を多少有利に進めることができるという点が好まれたようです。
技KP上位は身代わり、シャドーボール、キングシールド、影討ちと続いていてまあ順当かなといった具合ですね。キングシールドの存在から全員特殊型でもおかしくはないと思っていましたが、シャドークローが第6位に位置していて優勝者も採用していました。優勝者の技構成(シャドークロー/シャドーボール/影討ち/剣の舞)ですが、初手にキングシールドをしてくる相手はまずいないという点をついて初手は急所を期待できるシャドークロー、耐えられて身代わりをされた際にキングシールドを無視して攻撃できるシャドーボール、相手の攻撃を受け襷まで持っていかれたとして次のターン相手は影打ちを耐えるためにキングシールドを挟むのでそこで剣の舞を積んでA+2影討ちで〆る、というかなり相手の行動を逆手に取る型となっていました。技KP5位はあの”威張る”ですが、キングシールドが威張るを通すこと、ギルガルドが自傷で大きく削れること、また相手の行動を一度でも止められると勝利がほぼ堅いということからこのルールでは下手な攻撃技よりよっぽど強力な武器となりえます、このルールでは。威張る対策としては身代わりを始め、守るやラム、キーまで使用されていました(守るはバトルスイッチ対象外なのでブレードフォルムからシールドフォルムに戻れないため、単に1ターン威張るを無効にできるだけで次ターンまた同じ状況で威張られてしまうのを考えると対策と言えるかは怪しいですが)。
持ち物KPはカシブの実(ゴースト半減)がトップですが、たったの5人で驚きました。シャドーボール、影討ちが主なダメージソースであるギルガルド1on1ではほぼ100%発動し、シャドーボールを半減で受けつつ影討ちを耐えるHPを残しながら身代わりを張ったり、HPに振ることでブレード状態でも相手のシャドーボールを耐えたりとタイマン性能をグンと上げることができます。10人以上いてもおかしくない強力なアイテムだと思います。3位の弱点保険は、後攻で攻撃することでトップメタのカシブガルドを貫通でき、耐久に大きく割くことで襷ガルドのシャドーボール+影討ち耐え調整ができるためかなり有用なアイテムですが、身代わり持ちが多く2ターン目にやや不利になってしまうので難易度の高い型だったかもしれません。なんと使用者が2位と4位に輝いた光の粉ですが、一度躱せば勝ったも同然なのでかなり嫌らしい道具ですね。対策のしようがないので命中するのを祈るばかり…。 ???「カゲブンシン!!」
KPこそ低いですが、身代わりから入るカシブ以外のギルガルドを吹き飛ばす命の珠、影討ちを受けた際に判定勝ちを狙えるゴツゴツメット、身代わり後に影討ち確定圏内から逃れられるオボンの実、発動してしまえばスカーフ以外の全ての相手の上を取れるカムラの実などはとても面白い型ですね。使用者はいませんでしたが後攻の尻尾も強力なアイテムだと思います。レベル50最遅の下を取るべくレベル48の型まで登場しましたが、レベル50のままで最遅というのを初手からバラすことなく確実に相手の下から攻撃が可能となります。
ちなみに色ギルガルドは2体ともプラズマさん産だったようです。すごい!(M田並感)


サークル員のひょんな一言から開かれた大会でしたが、想像を超えた数の全く新しいギルガルドが生み出されてとても楽しめた対戦会でした。育成も1体だけで済むしなんなら流用でも全然いけるしで参加のしやすさがあったのも良かったですね。今後の対戦会はネット大会にちなんだものでも開こうかな。おしまい。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。