スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんフェスダブル 優勝パーティ

こんにちは、べっさんです。東北大学の学祭で行われた、とんぽけフェスタ~ダブルの部~ で優勝したので、その優勝構築を紹介したいと思います。環境が日々激変している中、このPTがいつまで通じるかわからないところもありますけど、この記事を読んで、少しでもダブルの構築の参考になれば幸いです。
20120917230431.gifn445.gif20120717000013.gif534.pngn468.gif20120527214620fac.png

ポケモン
持ち物
性別
特性
性格
技1
技2
技3
技4
バンギラス
ロゼルの実
砂起こし
意地っ張り
岩雪崩
噛み砕く
ステルスロック
守る
ガブリアス
ガブリアスナイト
鮫肌→砂の力(メガ進化)
陽気
地震
ドラゴンクロー
岩雪崩
守る
ハッサム
命の珠
テクニシャン
意地っ張り
シザークロス
バレットパンチ
剣の舞
守る
ローブシン
突撃チョッキ
根性
意地っ張り
ドレインパンチ
マッハパンチ
毒突き
岩雪崩
トゲキッス
ラムの実
天の恵み
控えめ
マジカルシャイン
エアスラッシュ
大文字
この指とまれ
ウォッシュロトム
オボンの実
不明
浮遊
図太い
ハイドロポンプ
10万ボルト
鬼火
守る



構築にあたり
現環境ではバンギラス、メガクチート、メガガルーラあたりが暴れまわっています。そこで考えたのが、それらに強い、ガブリアスを使えば強いんじゃないか?というのが始まりです。

というわけで、このPTはガブリアス+バンギラスから始まりました。また、物理アタッカーが多い環境上、鬼火がバンバン飛んできて、物理アタッカーの機能停止を狙ってくるので、根性ローブシンを投入しました。火傷すれば、めちゃくちゃな火力で敵を殴ってくれます。

次に、サポート役にトゲキッスを入れました。最後に、全体的にクチートに弱いので、鬼火撒きの水ロトムと、相性補完も兼ねてハッサムを投入して完成しました。

個別考察
バンギラス(NN:バルバロス)
努力値 252-252-0-0-0-4
実数値 207-204-130-×-120-82


単なるHAバンギ。砂を起こせるターンが5ターンになったけど、相変わらず、固くて強い。ハッサムとローブシンがファイアローに弱いので、ステロを採用。単にシングルで使っていた流用で変えるのが面倒だったから、という理由では決して、絶対に、断じてない。最近は壁貼り悪戯心もちが増えているので、この枠は瓦割りでもいい気がする。

また、フェアリーの一貫が気になって採用したロゼルの実だけど、クチートにしろ、マリルリにしろ、フェアリー技で弱点ついてくることは少なかったので、リリバの実あたりに変更したい。


ガブリアス(NN:ラタトスク)
努力値 4-252-0-0-0-252
実数値 184-182-115-×-105-169
メガ進化時実数値 184-222-135-×-115-158


このPTのエース。砂の力地震が通る相手なら、だいたい1撃で持っていく。そうでなくとも、砂の力岩雪崩は強力。本当は砂隠れが良かったのだが、厳選が間に合わず、大人しく鮫肌で運用。

苦手なガルーラ、クチートとかを仕留められそうな存在。こいつが削られて先制技圏内に入ると結構辛い。


ローブシン(NN:ガルディア)
努力値 252-252-0-0-0-4
実数値 212-211-115-×-85-66


神ポケモン。受け出しと火力の両立をしたかったので、HA振り+チョッキで足りないDを補っている。H振りだけで、控えめ珠ガモスのオーバーヒート+砂嵐ダメージを確定耐えする。急所は知らない。

ファイアローとかいうポケモンのせいで駆逐されたかと思いきや、私のPTに舞い戻ってきた、BW世代の最狂のポケモンおっさんポケモン。こいつのせいで、フェアリー弱点3体とかいうPTになっているけどご愛嬌。

相手のポケモンの鬼火を誘って、交代で出して、そこから無双という流れが強い。ただし、相手の鬼火にうまく合わせて交代出しする必要があるので、結構難しい。火傷していないと火力足りない子。


ハッサム(NN:レッドナイト)
努力値 236-252-0-0-20-0
実数値 175-200-120-×-103-85


普通のカマキリ。HPが16n-1の実数値175、A全振り、あまりがDに振られた奴。

フェアリーの一貫性を止めつつ、剣の舞をして、壁貼ってくる系の奴やメガフシギバナに対する圧力として採用。混乱自傷しなければ強い。珠のおかげで、舞ってなくてもある程度の火力は出る。早くポケムーバーが解禁されて、虫食い持った奴を使いたい。

♀なのにNNがナイトなのは仕様。


トゲキッス(NN:シャイン)
努力値 244-0-4-76-4-180
実数値 191-×-116-165-136-123


このPTの中で数少ない見た目が可愛い奴。白い悪魔などではない。HPが16n-1の実数値191、最速バンギ抜きの実数値125までSを振り、BDに4ずつ、余りをCに振ったつもりでいた個体。実際はなぜか、最速バンギ-1のS調整になっていて悲しみを覚えた。

相手の攻撃や鬼火、威張るを吸ったり、苦手なクレッフィやクチートを焼き払ったりしてもらう子。相手の水ロトムとの読み合い(誰に鬼火or10万ボルト、時々ハイドロポンプを撃ってくるか)を外すと悲しみを覚える。

こいつが早々に退場すると、ガブリアスやハッサム、ローブシンで無双できなくなるので、大事にしたい。実際、こいつが早々に死んだ試合で勝てた記憶があまりない。天の恵みによる大文字の火傷引いた記憶もない。


ウォッシュロトム(NN:ピーとん)
努力値 252-0-252-0-0-4
実数値 157-×-174-125-127-107


NNは学祭のマスコットキャラクターより。まあ、ウォッシュロトムはマスコットというより、害悪よりの存在だと思っているが。

今の環境でよくあるHB特化、あまりSの水ロトム。意外と硬い。特に特筆すべきことでもないが、ドロポンは外すもの。守るを切って、代わりにリフレクターを入れて、さらに物理ダメを軽減するようにしても面白いかもしれない。


PT全体について
基本的に初手バンギ+キッスで砂嵐とサポートをしつつ、後発のガブリアス等で無双する、という流れが多かった。

相手の水ロトムを嫌った時は、初手バンギの代わりに水ロトムを出したり、キッスを処理したい時は、キッス+ハッサムの先発にしたりすることもあった。

また、相手にバンギがいて、選出してくると思ったら、こちらのバンギを抜いて、相手の砂嵐を利用することも多々あった。この時、バンギを抜く分、選出できるポケモンに幅が広がるので、相手のポケモンの対策が楽だった。



欠点としては、ローブシンが火傷を貰わないと火力不足なので、相手の行動をしっかり読まないといけないのが難しい。一旦、出してしまうと、隣の物理アタッカーに容赦なく鬼火が飛んでくるので、慎重に繰り出さなければならない。

それと、サポート役のトゲキッスが早く削れると、鬼火を吸えなくなったり、相手の攻撃から守れなくなったりして辛い。

また、ガブリアスはメガ進化するとSが10下がるので、メガ進化するタイミングを誤ると相手のガブリアスやメガガルーラに縛られることになるので、メガ進化するタイミングは気を付けないといけない。それに砂嵐が切れると、途端に技の威力が下がるので、その点においても注意が必要。

PT全体としてメガクチートに一致弱点を4体も突かれてしまうので、こいつは周りのサポートが入る前に火傷させるか、上から地震や文字で削っていかないとどうしようもない。

あとは、悪戯心のクレッフィやニャオニクス+ガルーラあたりの先発も結構辛いので、うまく立ち回らないと負けます。


決勝1回戦BV (vsてんぱさん) NABW-WWWW-WWW2-YYUT
決勝2回戦BV (vsほっちーさん) FKUG-WWWW-WWW2-YJ25
準決勝BV (vsぴかさん) RY3W-WWWW-WWW2-YJXP
決勝BV (vsギルティさん)  Y6SW-WWWW-WWW2-YYQM


最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。